[フレスコのこだわり]フレスコウォッシングシステムを徹底解剖

布団を傷めず酵素でシミ落とし

前処理では酵素で汚れを溶かします。

布団を傷めず汚れは溶かして分解させます

破れ、色泣き、綴じ糸・キルトの有無などの検品を行った後、汚れのひどい所には前処理剤(タンパク分解酵素、多目的洗浄剤)を塗布します。

前処理剤を塗布するとき、側生地の破れや、中わたの噴出しが起こるため『ゴシゴシ』と擦りません。汚れは溶かして分解させます。

漂白剤、アルカリ剤、溶剤は使用しません

フレスコでは、漂白剤、アルカリ剤、溶剤はふとんを傷めるので一切使用しません。
漂白剤を使うと、布団の側生地や中わたを傷めるおそれがあるからです。漂白剤を使うと、汚れの色 だけはとれますが、実は汚れ自体はとれていないのです。

洗濯待ちで酵素の働きを持続させます。

この後布団の空気をしっかり抜いてすし巻き状にし、丸洗いする前に、約半日『洗濯待ち』をします。『洗濯待ち』をさせる事で、酵素の働きを持続させ、汚れを分解して洗い流しやすくします。

※長年付着したシミは変質しており完全には取れませんので予めご了承ください。

布団丸洗い クリーニングのパイオニアフレスコ
非常識に挑んだフレスコの歴史
他社の布団丸洗いとの違い 徹底解剖!
フレスコウォッシングシステムを徹底解剖
フレスコの環境問題への取り組み
フレスコ担当者からのメッセージ
  • お客様からのレビュー
  • 布団丸洗い クリーニングお客様相談室
ホームページ内検索
  • 検索したいキーワードを入力するとホームページ内の該当ページを表示します。
営業カレンダー
  • 定休日
  • ・発送キットの出荷はできませんのでご了承ください。
  • ・ご注文は24時間受け付けております。
  • ・営業時間外は、受注に関する処理・メールの返信・お問い合わせに関する返信(電話含む)をお休みさせて頂いております。
  • アフィリエイト募集 布団丸洗いを紹介してみませんか?
  • フレスコブログ
  • ツイッター

布団丸洗い クリーニングのフレスコページトップへ