[フレスコのこだわり]フレスコウォッシングシステムを徹底解剖

丸洗いの歴史的発見!すし巻き ~布団を巻いて洗います~

布団をくるくる巻いて空気を抜きます

フレスコでは、布団をすし巻きに結束して洗います。

たくさんの布団丸洗いを行う企業で、すし巻きで布団を洗う方法が採用されていますが、この方法を最初に発見したのはフレスコです。

すし巻きにして洗う理由

水を効率よくしっかり浸透させます

水を効率よくしっかり浸透させます

布団の空気を抜く事で布団の中にしっかり水を浸透させます。中わたにしっかり水を通して“浸けこみ洗い”をしないと、布団を清潔に洗い上げる事ができません。

布団の中わたに空気がたくさん入っていると、空気抵抗で水がなかなか入りません。特に羽毛布団になると、側生地の密度が高い上に、羽毛がたくさん空気をかかえているため、すし巻きを行い空気をしっかり抜かないと水に浮かぶ浮き輪のように布団が浮いてきてしまいます。これでは、布団全体にくまなく水を浸透させる事ができません。

布団の中わたを痛めません

布団の中わたを痛めません

すし巻きにする事で、洗っている途中で中わたがよれたり、綿切れが発生するのを防ぎます。

濡れた状態の中わたは非常にデリケートです。布団に余計な力を加えずに、水洗いできる方法がすし巻きです。

自社開発のすし巻き専用機械「すし巻き機セットル」

自社開発のすしまき専用機械「すしまきセットル」

『すし巻き機セットル=すし巻き+セットする』という意味です。

中腰で布団をすし巻きにする作業は腰痛の原因になりスタッフの負担は大きいです。
毎日大量の布団を検品を兼ねてすし巻きにするのに便利な機械をと、すし巻き機セットルは開発されました。

すし巻き発見のエピソード

ある日、天理市の工場へクッションが一体となった長いすのカバーが持ち込まれました。

「どうなってもいいから洗ってほしい」というお客様の要望に、社長は「失敗したら弁償しなければ…。しかし、一体どうやって洗えばいいだろう。」と悩みました。

考えた末に、クルクルと紐で縛って洗濯機に入れて洗ってみました。

これが上手くいきました。お客様に納めた所、ノークレームだったのです!

これが「すし巻き」の発見です。

それ以来、研究は続き、「すし巻き」で洗う方法はフレスコの布団丸洗いの大きな特長になり、数多くの布団丸洗いの企業で採用されています。

布団丸洗い クリーニングのパイオニアフレスコ
非常識に挑んだフレスコの歴史
他社の布団丸洗いとの違い 徹底解剖!
フレスコウォッシングシステムを徹底解剖
フレスコの環境問題への取り組み
フレスコ担当者からのメッセージ
  • お客様からのレビュー
  • 布団丸洗い クリーニングお客様相談室
ホームページ内検索
  • 検索したいキーワードを入力するとホームページ内の該当ページを表示します。
営業カレンダー
  • 定休日
  • ・発送キットの出荷はできませんのでご了承ください。
  • ・ご注文は24時間受け付けております。
  • ・営業時間外は、受注に関する処理・メールの返信・お問い合わせに関する返信(電話含む)をお休みさせて頂いております。
  • アフィリエイト募集 布団丸洗いを紹介してみませんか?
  • フレスコブログ
  • ツイッター

布団丸洗い クリーニングのフレスコページトップへ