[フレスコのこだわり]フレスコウォッシングシステムを徹底解剖

超低速でつけこみ洗い

超低速でつけこみ洗い

ゆっくり洗うことでしっかり汚れを落とします

自社開発の機械を使い、空気を抜いてすし巻きにした布団を「つけこみ洗い」で落とします。
家庭の洗濯機とは違う発想の、布団専用の水洗脱水機は数多くの企業に採用されています。

職人さんに頼らない高品質の丸洗い

職人さんに頼らない高品質の丸洗い

綿・羽毛・羊毛など、中わたの素材別に8種類の洗濯工程をプログラム化しています。簡単な操作で、フレスコのノウハウが結集された高品質の丸洗いを行います。
いつでも、どこの工場でも品質のブレがありません。

なぜでしょうか?
皆様の健康を守るため、汚れた布団を1枚でも多く高品質で丸洗いしたいからです。

布団を傷める叩き洗いはせず、しっかりつけこみ洗い

布団を傷める叩き洗いはせず、しっかりつけこみ洗い

布団の汚れは、叩き洗いではなく、水にしっかり溶かし込んで落とす、これがフレスコのこだわりです。なぜなら、布団の汚れは中わたに蓄積されているからです。

通常の洗濯機は、叩き洗いをする事を前提にして考えられています。
叩かれると布団が傷みます。布団が傷まないように高速回転で洗う洗濯機もありますが、洗剤や水が通りやすい所ばかりに行ってしまい、均一に水を浸透させる事ができないのが欠点です。

フレスコでは、すしまきにした布団を、すき間をあけずに洗濯機の中に詰めることにより、布団が動いて、傷んでしまう事を防いでいます。

洗濯機のドラムの回転スピードを遅くしています

洗濯機のドラムの回転スピードを遅くしています

通常ではドラムの回転スピードは、1分間で25回くらい。フレスコでは、1分間で4回転の超低速回転です。

しっかり漬け込み洗いをするためと、布団を傷めないためです。できるだけ布団を動かさない、これがポイントです。
ドラムの回転方法も中わたの素材に応じて変えています。

工程ごとにしっかり脱水します

フレスコでは、工程ごとに脱水をして、新しい水を入れます。布団はたくさんの水を吸い込みます。
排水を行うだけでは汚れた水は布団から出ないため、しっかり脱水を行います。

フレスコでの丸洗い工程(本洗い→排水→脱水→すすぎ→排水→脱水→すすぎ→排水→本脱水)通常の丸洗い工程(本洗い→排水→すすぎ→排水→脱水)

中わた 素材別の工程
中わた素材 洗濯時間 洗濯温度 洗濯回転 合計洗濯時間
(すすぎ・脱水時間も含む)
綿(敷き) 20分 50℃ 45分
羽毛 14分 40℃ 37分
羊毛 12分 30℃ 極弱 35分
化学繊維 15分 40℃ 38分

など計8種類

上表のほかに、使用する洗剤も繊維の種類に合わせて、洗・助剤を使い分けています。洗・助剤は全てコンピューター制御されており、余分にも、少なめにも供給されることはありません。

布団丸洗い クリーニングのパイオニアフレスコ
非常識に挑んだフレスコの歴史
他社の布団丸洗いとの違い 徹底解剖!
フレスコウォッシングシステムを徹底解剖
フレスコの環境問題への取り組み
フレスコ担当者からのメッセージ
  • お客様からのレビュー
  • 布団丸洗い クリーニングお客様相談室
ホームページ内検索
  • 検索したいキーワードを入力するとホームページ内の該当ページを表示します。
営業カレンダー
  • 定休日
  • ・発送キットの出荷はできませんのでご了承ください。
  • ・ご注文は24時間受け付けております。
  • ・営業時間外は、受注に関する処理・メールの返信・お問い合わせに関する返信(電話含む)をお休みさせて頂いております。
  • アフィリエイト募集 布団丸洗いを紹介してみませんか?
  • フレスコブログ
  • ツイッター

布団丸洗い クリーニングのフレスコページトップへ