[フレスコのこだわり]フレスコウォッシングシステムを徹底解剖

布団を動かさずに高速乾燥

布団を動かさずに高速乾燥

自社開発の平面乾燥機 他の布団丸洗い業者にも採用されています

自社開発の平面連続乾燥機は、布団を動かさずに乾かすので繊維を傷めません。

傷むから布団は動かしません

傷むから布団は動かしません

水を含んだ布団を動かすと、すぐに布団は傷んでしまいます。
濡れた髪の毛をゴシゴシこするとキューティクルがはがれて髪の毛が傷むのと同じ原理です。
フレスコの平面乾燥機は、ベルトコンベアーの上に布団を平面状態のまま置いて、移動させます。
中わたの素材に応じて、素材が傷まない乾燥方法を機械で設定して乾燥を行います。

熱風を“吸って”しっかり乾かす「サクション方式」

熱風を“吸って”しっかり乾かす「サクション方式」

「サクション方式」とは、ベルトコンベアーの上から下へ強制的に風を通すしくみです。布団の上から熱風を吹きかけるだけでは、熱風がはじき返され布団の中まで熱風が通りません。

布団の下から熱風を吸い込む事で、強制的に中わたの中を熱風が通ります。

通常では、羽毛布団で2時間程度、毛布は40分程度の乾燥時間がかかる場合が多いですが、フレスコの平面乾燥機は、敷き布団の場合、5~10分で80~90%の水分を乾燥させます。

布団丸洗い専用 平面乾燥機 開発ストーリー

平面乾燥機が誕生したきっかけをご紹介します。

フレスコでは、当初乾燥庫を使っていました。ですが、乾燥庫では乾燥に時間がかかり、量産できず納期に間に合いません。

ある日のことです。

「あんなもん、乾燥機と違います」

工場に来た乾燥機メーカーの社長がそれを見て言いました。

「乾燥機っていうのは、乾燥理論に基づいて作った機械の事を言うんです。これは、物を乾かす理論に合ってません。布団に直接風を当てないで、何で早く乾かす事ができるんですか」

「どんな条件でも、元々の水分量くらいまでは速く乾燥できますが、それ以降はスピードが遅れます」

フレスコの社長は
「難しいもんだな。で、造ってくれますか?」とたずねました。

「大丈夫です。小さな30センチ角の布団を作ってもらったら実験します」

「そんなので造って分かるんですか?」

「大概わかります」

こんな会話があり、開発はスタートしました。

乾燥機メーカーの社長から
「実験機を工場に持っていく事ができないので、来ていただけますか?」と連絡がありました。

ゴーッと音がして、モーターが回転を始めました。
小さな布団が吸い付いて、乾燥しました。

「乾いたよ」

「そりゃあ、乾燥機ですから」

布団を傷めず高速で乾燥する方法が誕生した瞬間です。
ここからさらに数え切れないくらいの試行錯誤がなされ、平面乾燥機は誕生しました。

布団丸洗い クリーニングのパイオニアフレスコ
非常識に挑んだフレスコの歴史
他社の布団丸洗いとの違い 徹底解剖!
フレスコウォッシングシステムを徹底解剖
フレスコの環境問題への取り組み
フレスコ担当者からのメッセージ
  • お客様からのレビュー
  • 布団丸洗い クリーニングお客様相談室
ホームページ内検索
  • 検索したいキーワードを入力するとホームページ内の該当ページを表示します。
営業カレンダー
  • 定休日
  • ・発送キットの出荷はできませんのでご了承ください。
  • ・ご注文は24時間受け付けております。
  • ・営業時間外は、受注に関する処理・メールの返信・お問い合わせに関する返信(電話含む)をお休みさせて頂いております。
  • アフィリエイト募集 布団丸洗いを紹介してみませんか?
  • フレスコブログ
  • ツイッター

布団丸洗い クリーニングのフレスコページトップへ